簿記1級独学log

第141回の日商簿記1級合格を楽しく目指します。米国税理士の勉強についても書いていきます☆

試験情報

米国税理士(EA)のこと その2

こんにちは。

最近、このブログに訪問下さる方が、「米国税理士」と検索?していらっしゃるようなのですが、私自身なんらお役立ち情報の記載もなく、申し訳ないなって思っています。

というのも、私自身がお役立ち情報を探している身ですので。笑
ツイッターでお世話になる方から情報を頂いたりして、感謝。つぶやいてみるものですね。

せっかくなので、米国税理士の試験概要を手持ち情報の範囲で書いておきます。
  • 受験資格は18歳以上、学歴要件なし
  • コンピュータ試験で、3月と4月以外はいつでも受験可能
  • 受験料はUSD109-
  • 試験科目は①連邦個人所得税法、贈与税法、相続税法 ②連邦税法(事業関連) ③税務代理業務、諸手続き 
  • 試験会場は、東京と大阪のプロメトリックテストセンター
  • 受験時にパスポートが必要
  • 試験終了後、その場で結果がわかる
  • 合格ラインは各科目105ポイント以上
  • 科目合格の場合、試験日から2年間の有効期限あり
  • 各科目年4回まで受験できる
  • 試験時間は1科目につき3.5時間(長い!!)
  • 受験前に「PTIN」(申告書作成者番号)の登録手続きが必要(1ヶ月程度かかる)
  • PTINは毎年更新が必要(米国税理士の更新のために必要)
  • 米国税理士の更新手続きは3年ごと
他にも何かあったら追記しますね。

受験者にとって、ほぼ1年を通して受験できることとか、その場で結果がわかること、科目合格制度があるのは嬉しいですね。私が一番ありがたいのは、受験資格がないことですが。笑

USCPAだと学歴要件とか色々あるようですし、州ごとに条件も異なるらしいですが、米国税理士は「歳入庁」からのライセンス付与というのも素敵です。

って米国市民ではありませんが。笑

英語と簿記、そして米国税理士に合格できたら・・また世界も開けてくるかな。
国際税務とか。そうだといいな、と思っています。

そうそう、この米国税理士の勉強ですが、結局簿記1級の本試験後にがっつりやることにしました。気持ちだけは熱いのですが、簿記が間近で、焦っていて。

では、良い日になりますように☆ 

第140回の簿記1級、申し込みました(締切あと2週間ほど)

こんばんは☆

ふと、簿記の申し込み締切が過ぎていないか不安になり・・商工会議所さんのサイトを確認。
東京・横浜地区の第140回簿記検定申し込み登録期間(個人)は、4月30日(木)18時のようですよ〜。って皆さん既に申し込みされているかもしれませんが。。
(団体受験は、4月27日(月) の18時までのようです。これも東京・横浜地区の締切。)

今ネットで申し込み登録をしました。この後、受験料を支払うための用紙が送られてくるはずです。141回を狙うかたも、1級に限っては年2回実施(2月は試験なし)なので、お試し受験してもいいかもしれませんね。検定料が高いのがネックですが。。泣

そして、残されている時間が少ないこともあらためて確認しました。💦
米国税理士の勉強は並行せず、6月の簿記本試験が終わってからやることにしました。

始まったばかりで興味が尽きないし、もっと難しい資格試験にチャレンジしている人もいるし・・・と未練たっぷりなのですが、かなりのボリュームということもあり、延期。
米国税理士は、3月、4月以外はいつでもオンラインで受験できるということもあり。

簿記1級も手強いですしね〜>_<。
毎日勉強していますが、試験日が近づくにつれ、やっぱり怖くなります。
どんな問題が出るのかな。工・原では解法が思いつくような問題だといいな。とか、色々・・

この不安を打ち消すには結局、勉強が一番なのですね。今はお部屋の片付け中ですが・・苦笑
以前勉強していた別の資格試験の教材などを、さっき捨てました。あと、沢山ある本を整理したら、やっと勉強に戻ります。

多分、今朝の続きで工・原Dayになりそうです。今日は勉強時間がかなり少ないので、夜3時間はやりたいと思います。(←いや、少ないけど!)

それでは皆さん、良い日曜の夜を☆

☆profile☆ roomy13

フルタイム社会人。
♪独学で日商簿記1級合格を目指します。
常に現状脱出を考えてあれこれお勉強しています。
現在簿記2級、TOEIC 905点、英検準1級、
BATICアカウンタントレベルです☆
☆他に、通関士なども持ってます。
第140回の日商簿記合格目指して頑張りましょう♪

★フォロー返します★




☆アクセスありがとうございます☆
  • 累計:

ads by Google