簿記1級独学log

第141回の日商簿記1級合格を楽しく目指します。米国税理士の勉強についても書いていきます☆

1級

次回1級の大本命!? 標準原価計算の仕損・減損処理

こんにちは、夏休みはいかがお過ごしですか。

今朝はジムの後、スタバに行って標準原価計算をやりました。仕損・減損が発生するパターン。ネットスクールの141回予想問題集で、第1予想に挙がっている論点です。TACの予想問題集は今回買っていません。

前回もTAC・ネットスクールともに、この仕損/減損の 標準原価計算が本命だったんですよね。だから、次回是非出てほしいですが、140回の工業簿記で出た本社工場会計を考えると、もう何を信じていいかわからなくなります(泣笑)。

今朝はさらっとやっただけなので、午後またやります。数量差異を仕損関連差異・仕損無関連差異に分解する問題をまだやっていないので。ノートを持って行かず、小さいメモで計算していたので、やりづらかったこともあり。

image


標準原価計算の仕損・減損は、標準原価カード上、2つの計算方法がありますよね。
  1. 標準消費量を正常仕損分だけ増やす方法
  2. 特別費として別建てで計算する方法 
2.は、仕損を分離把握して原価管理に役立てるためとのことらしいですが、問題としては上記1.と2.の両方で計算させるものが多そうですね。

完成品標準原価の計算結果は同じになるので、月末仕掛品原価やBOX図の書き方に注意が必要かなと思います。

1.の方法だと、原価要素別に正常仕損費が含まれることになるので、月末仕掛品も仕損費が含まれた計算になりますよね。2.の時は、月末仕掛品に含まれる仕損費は、加工進捗度次第かと。

なので、2.の時は仕損の発生点が重要になってきますね。検査点が工程の終点なら100%となるのでいいのですが、それ以外の時の計算を間違えると色々なところに影響してきそう。。標準原価カードでいえば、別建てで仕損費を計算する時、直接労務費と製造間接費の計算=加工進捗度を加味したものにするのを忘れないことが重要かと。

たとえば、正常仕損率が良品に対して10%で、工程の70%で検査点を設けて仕損を把握している場合。直接材料費@500円、直接労務費@300円、製造間接費@200円だったら、別建てする正常仕損費は、(500+300+200)x10%=100円ではなく、[500+{(300+200)x0.7}]x10%=85円になるかなと思います。(材料1kg、直接作業時間1時間で計算)

異常仕損の数量を計算する時にも加工進捗度が加味されていないとアウトですね。

当期投入量の計算は、1.の時は度外視法のように、仕損を除いたBOX図で計算。2.の時は非度外視法のように仕損を加味したBOX図で計算。これを間違えると、原価要素別の差異分析が全滅となりそうですね。

私は商会もまずいので(泣)、標準原価計算が終わったら勉強しなきゃです。。

ad

イルカと地震は関係ないかと・・固定資産、リース取引、減損

こんばんは☆

 イルカの座礁とか地震の予言?のこと、急に不安にもなってきましたが、どうすることもできません。まあ、何もないだろうと思っているのですが・・・絶対関係ないかと。

と言いながら、チキンなので先ほど、リュック1つ作りました。笑
さて、今朝やったトレーニングのまとめ。ってほどではありませんが、備忘録として。
 

固定資産


  • 修繕費のうち、改良とみなされる部分は固定資産の取得原価に加算(資本的支出)
  • 改修で使用可能期間延長の時は、延長した耐用年数分は資本的支出、それ以外は修繕なので収益的支出としてその期の費用とする
  • 買換えの時、下取価額と時価の差額は、取得原価から控除(新固定資産の値引)

  • 資産除去債務は、使用後の除去で法令義務の金額を割引計算し、負債として計上。
    以後利息を加算していき、最後除去時に履行差額を計算。

    リース取引


    そういえば貸手の処理とか、出るのかな。。。サクッとうかるのテキストには「参考」とあるけど、この前分配可能額の過去問をやっていたら、まさに「参考」のところが出ていました!

    ファイナンス・リースは売買処理、オペレーティング・リースの場合は賃貸借処理とのことですが、出題されるのはやっぱりファイナンス・リースな気がしますね。

    整理しにくいんですけど、所有権移転ファイナンス・リース取引と、所有権移転外ファイナンス・リース取引の共通点は、貸手の購入価額等が不明な時の処理。
    「見積もり現金購入価額」か、「リース料総額の割引現在価値(NPV)」のいずれか低い方をリース資産として計上。

  • 所有権移転ファイナンス・リース:①貸手の購入価額が明らかな場合はその価額でリース資産計上 ②自己所有資産と同様に減価償却をする
  • 所有権移転外ファイナンス・リース:①貸手の購入価額が明らかな場合は、それとリース料総額のNPVのうちいずれか低い方でリース資産計上 ②耐用年数=リース期間、残存価額=ゼロで減価償却をする

  • 全然まとめになっていなかったらごめんなさい。泣
    私は今朝トレーニングを解いたので、自分なりには整理できていいのですが。。。💦

    減損会計


    のれんや共用資産を含む大きな単位で判定するケースもありますが、基本だけさらっと。

    1. 減損の兆候があるか確認
    2. 減損損失を認識するかどうかの確認→割引前将来CF総額と簿価を比較して判定
    3. 認識すべき減損損失の金額にて、減損処理をする→ここで減損損失の金額に注意。
  • 正味売却価額と使用価値(*)のいずれか高い方=回収可能価額
  • 資産の簿価と、回収可能価額の差額が、減損損失の金額となる

  • (*)使用価値は、割引前将来CFと、残存価額(問題文に記載あれば)の合計

    ちなみに先日の記事で有価証券のところも追記しておきました。ささやかですが。。

    夕方からいやな特商が本当に進まない!困っています。この土日でけりをつけないと、一生習得できない!と自分を追い込むしかありません。

    それでは、勉強頑張りましょう☆

    ☆profile☆ roomy13

    フルタイム社会人。
    ♪独学で日商簿記1級合格を目指します。
    常に現状脱出を考えてあれこれお勉強しています。
    現在簿記2級、TOEIC 905点、英検準1級、
    BATICアカウンタントレベルです☆
    ☆他に、通関士なども持ってます。
    第140回の日商簿記合格目指して頑張りましょう♪

    ★フォロー返します★




    ☆アクセスありがとうございます☆
    • 累計:

    ads by Google