こんにちは、暑いですがいかがお過ごしですか☆

最近、土日はジム→スタバのパターンです。勉強はあまり進んでいないのですが、必ずやることにはしています(あ、当たり前・・ですかね笑)。

昨日はオレンジジュースを炭酸水で割ってみよう、ということで、そのオレンジ炭酸?を飲みながら、米国税理士のテキストを読み込みました。
image

東大主席卒の女性が出している勉強法の本も軽く読みました。米国税理士は暗記ものが多いので、この勉強法が使えるかと思い、早速実践。

といっても、まだ1回目なので効果のほどはわかりません。この7回読み勉強法は、文字通り教科書などを7回読み込むようですが、途中ラインマーカーや書き込みなどを一切しないようです。

必要なことは教科書に網羅されているから、余計な情報は書き込まないのだとか。国語等の暗記を必要としない科目では、ノートを同様の方法で読み込むとのことです。

7回といっても、メリハリを付けて毎回グレードアップするのがこの勉強法のようです。
  1. スピード重視
  2. 数字等も拾って読む
  3. 思い出しながら読む
  4. 図表もさらっと広いながら読む
  5. 次を予測しながら読む
  6. 要約しながら精読
  7. 頭に叩き込んで覚える→6回目に読んだことを再現しつつ(書き出しながら)、合っているか確認しながら読む
私がざざっとまとめたので、違うところもあるかも。気になる方は本を読んでみてください。
  東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法

ご本人の中国語検定での失敗談や、司法試験のこと、勉強スケジュールのこと等、読み物としてもまあ面白いと思います。

ちなみに、私が読んだのは新書版です。こんな表紙のもの。完全独学とのことで、すごい。
image

米国税法ですが、自分の現在の仕事のスキル向上のためにかかった教育費等は、なんと税額控除の対象となるようでうらやましいです。日本にもそんなの、あるんでしょうか。なさそうな気がします。

例えば経理職で簿記知識習得のためにTACに通った、なんていうのも税額控除の対象になるんですかね。アメリカ、いいな〜。笑

控除の上限は$2,000と書いてありました(2014年度の場合)。ちょうど、簿記1級とか、税理士講座1科目のお値段をカヴァーしている気が。笑

これからまたテキストを読み込みます。暑さでだらだらですが、なんとか前に進めます。

ad