おはようございます☆

昨日から、TACの第140回の予想問題を解いています。気持ちの整理をつけるのが大変で、毎日少しずつ回復といった不安定な感じですが、ちゃんと問題を解くことができるようになりました!

といってもまだ第1予想をやったきりですが。持分法以外は何とかできました。今朝寝坊してこれからですが、第2、第3予想問題も、今日やりたいと思います。

ほぼ1ヶ月の空白を空けてしまって、どうしようかと思いましたが、今から最低150時間は確保して、頑張りたいと思います。土日は12時間の計算です。もっとやるべきですが、計画倒れになってもと思い。

過去問を最低5回は解く、という計画がほぼ厳しくなってしまいましたが、これもこの150時間の中でできるだけやりたいと思います。

夕べは雨が降っていたようですね(東京)。こんな日にお部屋でゆっくり勉強や読書するのが好きです。さっき、Amazonで、「徒然草」を購入しました。

人間力アップのために何かいい本を教えて、と以前旅行先で知り合った友達に聞いたら、「やっぱり古典が良いのでは」と。
ちくま学芸文庫から出ている島内裕子校訂の「徒然草」は、前後の段のつながりが記述してあり、現代語訳もこなれたものなので、読みやすいと思います。また、日本文学の第一人者でもあるドナルドキーンさんによる英訳、Essays in Idlenessも、むずかしい昔の表現を平易なものにしてあり、英語でも読みやすいと思います。
文庫とのことですが1620円(泣)、でも購入しました☆

この本を紹介してくれた友達は、昨年旅行した時にゲストハウスで知り合いました。最後の晩に本の話、音楽の話で盛り上がったんですが、お若いのに物事を見る目がしっかりしていて。特に頻繁に連絡を取ることもないのですが、本のことなら彼に聞けば間違いないかな〜と。

徒然草の他に、漱石の「硝子戸の中」、漫画「あさきゆめみし」を紹介してくれました。
「あさきゆめみし」は源氏物語が題材のようですが、
登場人物のひとりひとりに、よく注意してください。誰一人として、単純な悪はありません。愛するからこそ憎み、愛するからこそ苦悩していくのです。漫画だからといって、古典のもつ力は失われていません。かえって、古典の読めない現代の我々に、古典への扉を開いてくれる、そんな作品です。
とのことで、説明がとっても素晴らしいので、勝手に引用、ご紹介させてもらいます・・
こちらも全7巻セットを近々購入したいと思います。

と、本のことばかり書いてしまいましたが、予想問題を解きたいと思います☆