簿記1級独学log

簿記1級を独学で取得するための勉強記録。教材や勉強時間、おすすめカフェ情報など。第150回日商簿記検定1級合格を目指して。


141回 簿記解答速報はnet schoolが早そうです

こんにちは、お久しぶりです。

一昨日くらいからブログを更新しようと思いながら、バタバタしておりました。皆さんの今日の本試験、心から応援しています。私は見送っています&勉強中断でお恥ずかしいですが、いずれ簿記には戻ってきます。

141回の簿記解答速報ですが、最近はどの予備校も早いですよね。以下にまとめます。

  • 3級 Net School 11:30頃〜 / LEC 12:30〜 / 大原 13:00〜 / TAC 15:30〜
  • 2級   Net School 16:00頃〜 / LEC 17:00 〜 / 大原 18:00〜 / TAC 18:00〜  
  • 1級   Net School 商業簿記14:30〜 / LEC 15:00〜 / 大原 18:00〜 / TAC 18:00〜
いずれも各予備校のWebサイトに掲載予定の時間ですが、前後したりアクセスが集中したりが考えられます。私の転記ミスにも注意していますが、ご自身で確認なさってみて下さいね。

ad


尚、各予備校での解答速報会は、大原が3級12:10〜、TACが12:15〜(それぞれの水道橋校)実施予定のようです。2級はTACが16:15〜、大原が16:30〜(それぞれ水道橋)、1級はTACが15:00〜、大原が15:30〜(それぞれ水道橋)となっているようです。池袋や渋谷、新宿も似たような時間に開始です。各予備校のWebサイトをご確認くださいね。

尚、3級、2級は予備校の解答速報の配点である程度合否を判定できると思います。1級は、受験者はご存知かもしれませんが、配点箇所がどうなるかわかりませんので、各予備校の配点や解答を比較した上で判断する必要があります。

合格しているといいですね!今日はビールでも飲んで(?)、ゆっくりしてくださいね。あるいは次の級に進む方、リベンジする方いずれも今日からまた猛ダッシュされるのかもしれませんが。。

それでは、また☆皆さんがご自身の実力を発揮できますように☆ 

TOEICの本試験中に携帯電話が鳴って・・・

こんばんは。

昨日TOEIC受けてきました。時間内に終わらず塗り絵が発生して敗北感。解ききれない時は900点に達していないと。800点台後半を取るにも、塗り絵はアウトなので。あと、Part7のダブルパッセージとか読んでも情報を拾いきれず、焦りがすごくて。対策していたPart5は調子良かったです。

あと気になるのはリスニングセクションの写真描写問題。最近癒し系ではなくなっていますが(苦笑)、全問正解したいのに、どうしても気になる問題がありました。 あの問題の正解が知りたい・・・他のリスニングはだいたいいつもの調子だったので、L400点は固いと思うのですが。

そろそろ会社でもIPテストが実施されるはずなので、Part7対策と多読をすればよい、とわかって良かったです。ということにします。笑

いずれにしても、結果はこちらで公表します。

さて、昨日ですが。試験開始前に、携帯電話が鳴りました。びっくりです。といっても、私のではありません。何と、試験管の携帯電話が鳴ったんです! 

信じられない・・・みたいな空気が流れました。そして、その携帯電話の持ち主から離れたところにいる指揮者?のような方が、アナウンス。「先ほど携帯電話が鳴りました。心あたりのある方は・・・・今後の受験等をお控え頂くことも・・・」みたいな感じで。

さらに、無言の、でも違う空気が流れました。笑

携帯電話の電源をオフにしても、もし自分のが鳴ったら・・・と思うと結構怖いですよね。皆さんに多大なご迷惑が。特にリスニングセクションで鳴ったりしたら、何百人の人の邪魔になるわけですから。

そう思うと、試験に携帯電話、持って行く必要はないかな〜なんて思いました。用事とかなければ、自宅に置いておいたほうが、自分の精神衛生上、良さそうな気がします。笑

さて今日は今から始動で、米国税理士のテキスト読み込みと、本試験の申し込み日程を決めたいと思っています。3月までに受験しなくてはいけないと思っています。 

第204回TOEIC受けてきます

こんばんは。またまたご無沙汰しています。

141回の日商簿記検定、他県でまだ申し込み可能なこと、締切一覧など送って下さったTwitterのフォロワーさんに心から感謝いたします。結論としては、申し込みしませんでした。ぎりぎりまで迷っておりましたが、19日ごろ出張等も重なり、自分の時間が管理できていないので断念しました。

2月は日商簿記1級がないので、随分先延ばしになりますが・・・通関士も3回の受験で合格した粘着質の私なので、また戻ってきます。いつまでも繰り返すのはいやですが、来年は絶対合格して終わり(スタート?)にします。全経簿記は考えていません。

それまでは米国税理士その他の勉強をします。

さて、明日はTOEICです。930点を狙うつもりでしたが、こちらも間に合っていない感満載。累計5,000問くらいやるつもりでしたが、計算したら3,000問前後。

メインはTOEIC特急シリーズ。930点となると、知らない(解けない)問題があってはならないと思いますが、Part5ではまだできない問題もあり、相当回しました。はっきり言ってほとんど問題を覚えています。
image

他には究極のゼミシリーズ等。これが一番トレーニングになりそうなのですが、持ち歩きができないという難点があり。2回目に解いて間違えた時だけ、モレスキンに書き留めました。

複合名詞やコロケーション、語法の強化はできたと思っていますが、Part7含めたリーディングセクションのトータル時間がどのくらい短縮できているのかの確認、リスニングパートの音読・shadowingといった定着させるための作業はできずに終わりました。

公式問題集もVol.6を2回解いたのみとなりました。もっとやりたかったのですが。

今夜と明日、まだ問題集は続けますが・・・900点もぎ取れれば、といったところです。あ〜でもPart7対策があまりできなかったな・・・くやしいです。本棚から出して来たペーパーバックなども久しぶりに読んでいます(息抜き目当てですが)。
image

リーディングセクションで取れる問題は落としたくないです。空欄前後を見ればわかる問題も以前は多かったと思いますが、最近は文法や時制のヒントとなる単語が空欄から離れていたり、知っている単語でも自分の知らない意味で使われるようなものが多く出ているので、基本全文読みが必要な気がします。もちろん空欄前後だけで解けるものもありますが、確実に取りたいので読むしかないですね〜。

あ、証明写真を沢山持っているはずが、それを挟んだ手帳を会社に置いて来たみたいです。明日撮ります。笑

そんな感じで、バタバタですが、またブログも勉強に合わせて続けていきます。 

勉強しないリスク

こんばんは☆

最近TOEIC対策ばかりで、毎日200問以上解いていたら、ちょっとうんざりし始めているところです・・・苦笑

日々のメニューとしては、TOEIC特急シリーズのどれか1冊を1周+アルファといった感じですが、+アルファと言いながら、結局は3冊くらい回しています。特急シリーズに関していえば、文庫だし、何度も解いたことがあるので、高速処理できるんですが。。。

激務とジム通いもあって、時間のなさや疲労に振り回されつつ、時間があればカフェに行くようにしています。

自宅やTACの自習室(米国税理士の通信講座を4月に申し込んだので、来年まで使える)でやればいいんでしょうけど、 自宅だと絶対お茶飲んだりお菓子食べたりで終わる、TACは行くのが大変、ということで相変わらずスタバ通いです。

お金がかかって仕方ないんですけど、「勉強しないというリスク」を生み出してしまうよりは、お金出してでも勉強した方がいいかなって・・・

ちなみにTOEICですが、今回は930点を狙っています>_<。わからない問題がある、という時点で、930点は厳しいと思うのですが、今後は隙間時間に詰め込みます(ほんとに簿記やらないと)。

ブログを更新できていないのは、そう、簿記を全然勉強していないからなのです。これだけあれこれやっていると、当然ですよね(呆)。

なので、次回は勉強したらブログ更新、というルールにしたいと思います。それにしても、なんだか「モレスキン」「英語」で検索して訪問下さる方の多いこと・・・嬉しいんですけど、簿記ブログとしてどうなのか。汗

そうそう、141回の本試験申し込みも、明日やろうと思います。

米国税理士(EA)のこと その4

こんにちは。

昨日はお誕生日だったんですが、朝からTOEICの特急シリーズを回していました。

午後はカフェでケーキの予定だったんですが、その前に本屋さんに行き、親友にペンケースをプレゼントしてもらいました。自分で選びました^-^

image

常にジェットストリーム3本とマイルドライナー(蛍光ペン)4色を持ち歩いているんですが、ペンケースがぼろぼろになってきていたので。このペンケースは、会社のノートPCを入れるケースとお揃いなんです。

ちなみに、会社でも、自宅でも、出張先でも自前の文房具にしています。ボールペンは他のものを使いたくないし、経費で注文できるといっても面倒だし。気に入ったものを使いたいからです。

ペンケースを買ってもらった後、そのままOslo Coffeeへ。ケーキが食べたい!と思っていたのですが、親友につられてワッフルを注文。

image

丸くて可愛いです。小さいですが中はもちもち、クロテッドクリームもついていて、結構美味しかったです。私のはジャムが2種類ついていましたが、ジャムなしもありました。

飲み物はダージリンを頼んだのですが、熱めで、茶葉も結構良かったです。

ad

親友はヨガがあるとかで先にいなくなり、私はそのままカフェで米国税理士の勉強を開始。税法上の減価償却のところを熟読しました。

制度は大きくわけて3つあるようですが、1987年1月1日以降に使用開始したものは「修正加速度原価回収法」(MACRS)というのが適用されるとのこと。

MACRSでは残存価格はゼロとして、5年200%定率法とか、日本でもお見かけするようなものが登場していました。

他に、使用開始または処分時期にかかわらず、半年分の償却を行うといった「半年簡便法」とか、「四半期の半分簡便法」、「半月簡便法」といった簡便法シリーズ。

「179条即費用化」というのも出てきました。この179条費用化というのは、第三者から購入の事業用動産について、取得年度に$500,000まで即費用化できる、というものなんです(選択適用)。ちょっとした制約はありますが、結構まとまった金額を取得年度に償却できてしまうのですね。

減価償却では、簡便法シリーズと179条を押さえておけばOKとのことらしいですが、計算をマスターするのは当分先にして、しばらくは全体像の把握につとめたいと思います。

「7回読み勉強法」で頭に入ったらいいな〜、と思いながら、テキストを読み進めています。
次こそは簿記の記事をアップしたいと思っています>_<



☆アクセスありがとうございます☆
  • 累計:

ads by Google