簿記1級独学log

第141回の日商簿記1級合格を楽しく目指します。米国税理士の勉強についても書いていきます☆


パスポートの公証ゲット

こんにちは。

今朝は米国大使館へ。パスポートの公証を取りに行ってきました。米国税理士受験でPTIN申請に必要なんです。

行く途中の道で、さわやか警察官に用件確認され。パスポートの公証で、、と行ったら誘導されて、無事大使館に到着。

と思ったら、アポイントの時間に行ったのに、長蛇の列。結構、引くレベルで。

そういえば、同居人がVISA取得の時に言ってたのを思い出しました。アポイントがあろうと、長時間並ぶ、と。

でも私はVISA取得ではないので、最後尾の女性に聞いてみました。これは何の列ですか?まさか入り口に入るための列?VISA以外の用事でも並ぶ必要が?

女性は、VISA取得とのこと。よくわからないけど遅刻して手続きできないのはいやなので、勇敢にも前に進みました。

またまた警官。用件を告げると、入り口に行ってみて、とのこと。

入り口でまた警官。パスポート公証、と言ったら、何と長蛇の列の横に、先頭で待つように指示。

間に合いそうで嬉しいけど、並んでいる人に申し訳ない気持ちに。警官は皆さん、英語流暢の様子。最初、外国人に日本語で通しているので、え?日本語で押し通すの?と思ったら、実はペラペラのようで。

なんかここにいる警官の皆さんが特別な感じがしてくる気も。笑

すぐに呼ばれて、荷物検査。携帯の電源を切って、電子機器を取り出し。飲み物や食べ物は入っていないですか?と聞かれ、大丈夫です、と答える。

程なく入ることができて、すぐに空港のX線検査のような感じ。荷物を預けて、コートの前を開いてゲートをくぐりました。オッケー。

ところが、何とペットボトルのお水や電池が入っていたようで。忘れてた!すると、必要なものだけ持って、荷物は預けるように、と。

はい、預けて、こんどは一旦出て別の建物に。領事館かな?

米国市民サービスと、VISA手続きにゲートが分かれていて。無事辿り着けてホッとしていたら、先ほど預けたカバンの中にパスポートを忘れたことに気づいて、戻ったりとバタバタ。

パスポートを取り出して、領事館に。すぐに入れました。よくわからないまま、ひとまず予約票をカゴに入れてみる。大丈夫かな?

周囲は米国市民サービスだけあって、9割が外人。英語でやりとりかな?面接とか、あるのかな?

と、ここでまた別の不安が。さっき6,000円下ろしたけど、足りるのかな?日本の住民票写しとか数百円だし、まあ10倍でも3,000円くらい?汗

隣の人が呼ばれた様子。呼び出し番号で。また不安になり、私には番号などないんですが、、と聞いてみる。ないらしい。

しばらくして呼ばれました。日本人の方が対応。さっき考えておいた英文を使うことなく、日本語でいいのが嬉しい。

ところが、書類を出してと言われました。書類?要るんだ? 必要なんですか?と聞いたら、何しに来たんですか?とのこと。

パスポートの公証で、、と行ったら、じゃあパスポート出して下さいと。良かった。パスポートだけ出せば良い様子。

会計してレシートを提出するよう言われ、50ドルと書いた紙を渡されました。

また汗。今のレイトは123円くらい?6,000円で足りるのかな?クレカは。また、領事館の外に出て銀行行くのかな、私?

と思ったら、カウンターにクレジットカードのマークあり。そうですよね、何と言ってもアメリカ大使館ですから。

支払いも終わり、やっと気持ちも落ち着きました。笑

image

レシートを提出して、程なく名前を呼ばれ、外国人の職員さんにパスポートの公証を頂いて、完了!

have a nice day! と言われたので、心から、you, too! と返しました。

この手続き、そもそも大使館まで出向く必要あったのかな?焦ってよく調べず、とにかく手続きを、と思ったけど、もしかしたらオンライン申請できたのかな?地方の方はどうしているんだろう。

まあ、もう考えなくていっか、、思考停止気味だし。ということで、朝からちょっと冷や汗モードでした。笑

明日はパスポート公証の件で米国大使館へ

こんにちは、細々と米国税務を勉強しています。先日簿記1級を受験した皆さまの合格をお祈りいたします。

さて、米国税理士受験の手続き。PTIN取得申請で必要なパスポートの公証とやらで、わけもわからずアポイントを取りましたが、日が近づくにつれて、なんだか面倒な気持ちに。

image

アポイント、って言うくらいだから、面接?とかあるのかな?汗
英語でやりとりするのかなあ。よくわからない上に、まだ大使館の場所も調べていませんが、、

一方、PTIN申請のフォームへの記入は、全然難しくもなく、簡単でした。インストラクションとかプリントしましたが、要らなかったかも。名前や住所といった基本的事項、あとはメールアドレスや生年月日等。

パスポートの公証と申請フォーム、あとはPTIN取得にかかる料金の、クレジットカード支払いの画面コピー等を添付して、オンライン申請できるようです。

当初はオンラインで必要事項を入力するだけだと思っていたので若干面倒ですが、米国税理士を勉強している方なら、手続きは苦労しないと思います。


郵送する場合はカバーレターを書いたり、発送料金もかかるしで、やっぱりオンラインですね。
image

早くこの手続きを終わらせて、あとは受験日を確定したいです。

☆profile☆ roomy13

フルタイム社会人。
♪独学で日商簿記1級合格を目指します。
常に現状脱出を考えてあれこれお勉強しています。
現在簿記2級、TOEIC 905点、英検準1級、
BATICアカウンタントレベルです☆
☆他に、通関士なども持ってます。
第140回の日商簿記合格目指して頑張りましょう♪

★フォロー返します★




☆アクセスありがとうございます☆
  • 累計:

ads by Google